幼児教育で得られる効果とは

幼児教育をすることで得られる効果とは?

幼児教育ってどんな教育?

幼児教育を行ったからといって、すぐに結果が出るわけではないかもしれません。 3,4歳に教育を行うと11歳頃の発達に影響が出ると言われています。 では、11歳頃にどんな能力の発達が見られるのでしょうか? このページでは、その能力について解説していきたいと思います。 ...続きはコチラ

幼児教育の研究結果

幼児教育は世界各国で研究されています。 そして、様々な研究結果から、就学前教育の「質」や「年数」が、その後の子どもの認知的及び非認知的能力発達に良い影響をもつと分かっています。 このページでは、その研究の結果について詳しく見ていきたいと思います。 ...続きはコチラ

良い幼児教育とは何か

幼児教育は何をやっても能力発達に影響を及ぼすわけではありません。 質の高い幼児教育を受けないと、受ける意味はないのです。 では、質の高い幼児教育とはどんなものでしょうか? このページでは、より効果を高められる、質の高い幼児教育について説明していきます。 ...続きはコチラ

幼児教育をすることによって後に発達する能力

子どもの教育というと、学校で行われている教育や学力が重視されます。
学力が高いことも大切ですが、学力が高いだけでは子どもの将来に必要な能力全てを備えられるわけではありません。
そこで、現在は学校に入る前に教育を受ける、「幼児教育」というものが注目されています。

そもそも、幼児教育とはどういうものかご存知でしょうか?
教育と聞くと、机に向かって国語や算数の勉強をしている様子を想像されるかもしれませんが、幼児教育はそれだけではありません。
幼児期という時期は、赤ちゃんの頃よりは自分自身で考え、人と関わり、遊び始める時期です。
この大切な時期に、ひとりひとりの子どもの可能性を伸ばしていけるよう指導するのが幼児教育です。
いわゆるお勉強ではなくても、考えたり覚えたりする能力というのは人が生きていく上で欠かせない能力であり、その能力は伸びれば伸びるほど良いですよね。

幼児期の子どもは好奇心が強く、競争心も強いという特徴があります。
そのため、上手に子どもの気持ちを汲み取ることができれば、楽しみながら能力を伸ばすということができるんですね。

では、具体的に、幼児教育を行うと子どものその後にどのような影響があるのでしょうか?
幼児教育の影響についてはイギリスやアメリカなど、世界の国々でも様々な研究が行われていて、興味深い結果が得られています。
この記事では研究結果にもふれながら幼児教育によって得られる効果についてご紹介していきます。